Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並ぶ人たち

真弓とスーパーへ買い物に行った時のこと。

買い物を済ませ外へ出ると、入り口を先頭に長蛇の列が。
タイムサービスで玉子を98円で入手する人たちらしい。

玉子なんて正規の値段でも200円前後やのに、たかだか100円お得するために、人間て並んでまうねんな。
タイムサービス開始までまだ15分ほどあるのに、先頭グループの人たちは一体いつから並んでるんやろ。

たかだか100円お得するだけのために(二度言うたった)。

真弓「なんかいっぱい並んでるね~」
父「そやな、なんで並んでるんやと思う?」

真弓「プリクラじゃない!?」
父「おっさんやおばはんばかりやんけ!?」

娘とおかしな会話をできたことに感謝。
スポンサーサイト
友達は大事にしい
我が家のトトロの親子たちは、代わる代わるお父ちゃんを困らせる。
お父ちゃんはただ、みんなの笑顔を見たいだけやのに。

先日のお休みの日、水希は午前中授業ということもあり、2人で何かおいしいランチでもと約束。
エレガントなランチは、水希のリクエストにより回転寿司。

お父ちゃんにとっては、娘とのランチがこの日のメインイベント。
好きなだけ目一杯食べや。

ところが12時になっても13時になっても、水希は一向に帰って来ない。
でもまあ、真弓のチアの時間まではまだ余裕ある。

やがて水希が帰って来たのが13時15分くらい。
「お父ちゃん!13:30に友達が迎えに来るから早くお寿司屋さん行こ!!」

無理です(即答)。

お父ちゃんとの約束を軽視した水希のランチはインスタントラーメン。
お父ちゃんお手製の、(ゆうべの)味噌汁(に麺を入れただけの)ラーメン。

「ごちそうさま!行ってきます!!」
「行っといで!!」
真弓節っ!!
百日紅と書いてサルスベリと読むらしい。
今最盛期を迎え、街角を彩る。

真弓「サルスベリーって、ストロベリーとかブルーベリーとかの仲間??」

子供の無垢な発想に大人はかなわない。
長い夜
お仕事のお休みの日でも、お父ちゃんが一番の早起きさん。
朝の任務は筋トレと真弓を保育園へ連れて行くこと。

筋トレはガチッと済ませたけど、真弓が一向に目を覚まさん。
普段は6時30分に起きているのに、なんべん起こしてもぐっすりで、あれよあれよともう9時になるで(非情に徹しきれないお父ちゃん)。

もうお母ちゃんも水希も行ってもうたで。

そういえばわし、ゆうべ風呂から上がってビールをプシュッとしてからの記憶が全くない。
その時は確かまだみんな起きていた。

嫁はん「私も昨日お酒飲んでいつの間にか寝ちゃってたよ。」
水希「お父ちゃんとお母ちゃんが寝た後、ウチも寝ようとしたら、何回もマユに起こされたんだよ。」

ゆうべの真弓さん、果たして何時まで夜を楽しんだのか!?
きしむベッドの上で
健全&純情なこのブログのネタにするか否か、一晩思案した内容。
仕事の一環で、お客さんのお宅から不用になった家具の引き取りがある。

昨日はベッドの引き取り作業があった。
わしよりも年配と思われる夫婦の部屋のヘッドやった。

そのベッドにはヘッドボードに小物入れがあり、わしは中味が空になっているか確認のため、ご主人立ち会いの元開きをパカッと開いた。
中味の確認は作業上での義務である。

小物入れの中には、きしむベッドの上で使うゴムが、ちょこんと置き去りにされていた。
箱のサイズから察するに、1ダースはある。

ご主人、脇が甘いよ。
でも立ち会ってくれたのがご主人でまだよかったよ。

「はわわわわ…」
ご主人は泡食って小箱をポケットにねじ込んだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。