Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンバレ日本のお父さんたち

とある日曜日。
女性向けのハイチェストを納品に、とあるお宅へ。

出て来てくれたのは、依頼者のお父さん(たぶん)。
他の家族たちはみんな出かけていて、お父さんは一人気ままに過ごしていた様子、だったのだが…

「えっ?チェスト?」
どうやらこの日の娘のチェストの納品を知らなかった様子。
いや、娘から知らされてなかったと言うべき。

「よくわからないんだけど、たぶん娘の物だから娘の部屋に置けばいいと思うんだよね。」
不意の訪問者に驚きを隠せないお父さんは娘の部屋へ案内してくれたけど、思春期の女の子の部屋へ勝手に入ったお父さんに一抹不安を抱く。

我々納品者からすれば滞りなく作業終了できたけど、チェストの納品について何一つ知らされてなかったお父さんに同志としてシンパシー。
家族の長とは名ばかりに、家庭のことに於いてお父さんだけ蚊帳の外ってケース、けっこうあんねんね。

これなくして日本のお父さんは名乗れない。
家庭の幸福とはお父さんはとことん黒子役。これでも大の大人。
これが日本のお父さんの真髄。

今夜は我が家のトトロの親子たちはじいさん家にお泊まりで不在。

遅くに帰宅したお父さんに夕飯の支度などあるわけがない。
お父さんのなけなしの所持金は数十円。

日本のお父さんたるもの、ひもじさもさみしさも情けなさも、ゆうに通り過ぎている。
寝ればいいだけのこっちゃ。
スポンサーサイト
ごくつぶし専業主婦の汚名返上

一刻も早く嫁はんの仕事を決めないと、真弓が保育園クビになる。
クビになったからて、もうこの間までお世話になってた幼稚園には戻れない。

すなわち真弓までごくつぶし。
働かない生活ええな~(うらやましがるな)

嫁はんは躍起になって就職活動。
あっちゃこっちゃ面接しては玉砕していたけど、ようやく今日面接した企業に即採用決定。

上京直後に取得した有名無実な資格が再び日の目を見る。
資格って、取っておいて損はないね。

来週の月曜日からさっそく出勤。
家事に育児に旦那のシモの世話に、さああみぼう一家は来週からますますしっちゃかめっちゃかになるで~

ただでさえうちの嫁はん、今まで家事も育児ロクに…バキューン!!(あみぼう何者かに暗殺)

まどかちゃんハネムーン
今日のあみぼうはお引っ越し屋さんに身をやつしてまどかちゃんの愛の巣に潜入。
まどかちゃんもいよいよ観念してステキなお嫁さんへカウントダウン。

途中から夜勤明けのかおるちゃん(元主任)も加わり、昼間から街をほっついてグダグダ管を巻いた。
酒抜きにして大人の付き合いはできない。

まどかちゃんのお祝いは京都でやろう。
またみんなで京都で集まろう。
いい先生で賞
母が教育委員会みたいなんから“いい先生で賞”(だいたいこんな意味の賞)を受賞したので、お祝いに食事に招待した。
ゆうべのことやけどね。

よっちゃんがお祝いしてやれって、わざわざアメリカから催促して来たからやけどね。

かたわのじいさんもいてるだけに、入りやすいお店も限られる。
嫁はんとお店をイロイロ探してみたけど埒があかん。

わしは母に直接どこ行きたいか聞いてみた。
初めからそうすればよかった。

すると母は
「近所にできたくら寿司に行ってみたい。」
と言う。

この間じいさん連れて行ったばかりやけど、まあ無難かな。
ひと皿百円でイロイロ選べるし。

わしはその旨をよっちゃんにメールで報告。

「気使って言ってるだけだよ!もっといいとこ連れて行ってあげなよ!!」(時差を物ともせず即返信)

この年齢になってよっちゃんに怒られた!
メールで怒られたー!!

わしは子供の頃からよっちゃんの言いなり。
これでくら寿司になんて連れて行ったら、アメリカまで呼び出されてヤキ入れられる。

結局わしは、近所でちょびっとだけ評判な、くるくる回っていない寿司屋へ両親を招待。
ここならよっちゃんにも怒られない、たぶん。
てゆうかここで堪忍しておくれ(両親よりもよっちゃん基準)。

両親は喜んでくれた、気がする。
かわいい孫と一緒やったらなんでも喜ぶ。
単純なヤツや(失言)。

さすがに老境にさしかかっており、量はそんなに召し上がらず。
それでも占めて云万云千円。

推し量ったかのように昨日の儲け金額とトントン。
両親は偉大である。

来年の定年退職のお祝いは、更に高級なお店になることは必至。
くわばらくわばら。
アルコール200%の男たちの熱い血潮

アパッチのおっちゃん「アーミー、27日あいてるか?ほな頼むわ。」
男同士の会話に余計な言葉は必要ない。

おっちゃんの仕事の手伝いは、いくらでもパワーが引き出される。
こんな健全な肉体労働久しぶりや~

「アーミー、昨日わしもな、朝吐いてもうたんや。」
おとといの飲みの二日酔いに、気合いで出勤したにもかかわらず、トラックに身体中を振り回されて、現場で力尽きた。
まったく以て昨日のあみぼうとおんなじやん。

執念で仕事はまっとうしたけど、改めてお酒の恐ろしさを思い知らされた。
わしもおっちゃんも、おとといはお金を払ったのかも、どう帰ったのかも、まったく記憶がない。

「マジで覚えてないんすか!?2人して終電なくなった改札口を突破したり、仲良くタクシーで帰って行ってましたって!!」
わしらを飲みつぶした張本人ノッチの証言。

そうか。
ノッチがそう言うんやったらそういうことにしといたるか。

なんでオマエだけ平気なんや?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。