Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもてなし好き。
真弓の幼稚園のお友達のSALAちゃんと、そのママさん&弟君が遊びに来ている最中、雨に濡れたお父ちゃんが食材を調達して帰って来た。

このクソ暑い日に、辛い辛いキムチ鍋で汗を流す魂胆。

そんなストイックな旦那の姿に嫁はんは惚れ直す(んなアホな)。

シャワーを浴びてサッパリし、缶ビール片手に気合いを入れる。

自慢の特大の黒い土鍋で大量のキムチ鍋をグツグツ煮込む。

賢明な嫁はんも旦那の魂胆を察し、水希に指揮させ子供たちを丸ごとお風呂に入れる。

子供たちが上がった頃合いにキムチ鍋が完成。

さあみんなでいただきます!

なんだか私たちも一緒に食べる流れになってるんですけど?そんな様子のSALAちゃんママ。

そら大勢で食べた方がおいしいですから。

敢えて辛い辛いキムチ鍋を子供たちに挑ませた感も否めないけど、大量のキムチ鍋は見事に食い尽くされた。

あー
おいしかった~
楽しかった~

みんなのごちそうさまを待たずに、大満足のお父ちゃんはさっさと眠りに落ちて行った。

次はもっともっと辛くしたろ(やめたれ)。
スポンサーサイト
人間には環境との相性みたいなんもある。
待ち時間が3時間くらい発生する憂き目に合った。
時間を守れない人間は信用ならん。

やむなくファミレスのドリンクバーでお腹タプンタプンになるまでコーヒーを飲んだ。
ホットとアイスを交互に飲んでみたけど、睡魔がカフェインに打ち勝ち、ほとんどウトウトした。

今回はやむなかったけど、本来わしがファミレスに入るのは珍しい。

わざわざ皿に盛り付けられた米をフォークで食うのが、食いにくくてしゃあない。
和食を注文してもプラッチックの容器になんか盛られてて、病院食みたいで食欲が失せる。

今回はメシに、人気No.1らしいえらい安いドリアを注文した。
ところがわしは、メシも風呂も熱いのが大の苦手。

ドリアが鉄板に入っとるから一向に冷めんくてなかなか食べられへんかった。
以前石焼きビビンバでも同じ憂き目に合った記憶が蘇った。

しばらく冷まそうとしたら放っといていたら、ドリアの上に置きっぱなししてたスプーンが持てないくらいアッツアツになりよってん。
あほらし(自分の不注意です)。

やっぱりファミレスは好きになれん。
君の髪のウェーブ。

古巣の近くの酒場でとりちゃんと再会。
人混みの中でわしを見つけたとりちゃんは、キラキラした瞳で駆け寄ってくれた。

とりちゃんの笑う時口元に手を当てる仕草に懐かしさ。

入社数日でみんなとふくさん家に遊びに行き、動きにくいリクルートスーツから究極の軽装のTシャツ&短パンに変身した。

施設にバッタやカエルが出現した時、あみぼうよりも勇敢に退治した。

あみぼうが自宅に招待した時、うちの娘たちとポケモン談義に花を咲かせてた。

とりちゃんのレポートをあみぼうがケチョンケチョンに酷評した翌日、電子辞書を持参してきた。

ピンチになるほど笑顔になる性分。

施設が劣悪に陥って行った時に入社してきたとりちゃんは、わしにとって確かに癒やしやった。
その時の上司&まどかちゃんにとっても、みんなとりちゃんを大切に思った。

今夜のあみぼうと元上司とまどかちゃんととりちゃんとのお酒は、思い出話よりも、それぞれのこれからのことがメインやった。
だからブログで一人思い出話に浸ってみた(照れ)。
虚弱体質なトトロの親子たち。
水希「お父さんってさあ、いつもお風呂入る時泡がついたままだよ。わきの下とかお尻とか。」

いつもって…
ちゃんと言うてくれりゃいいのに。

お前かて団地の階段を三階まで登ってハアハア言うてるクセに。

嫁はんもいつもへばってんねんけど、何で毎日三階まで登ってるのにくたびれてるんや。

普通鍛えられて順応していくんちゃうか。

言わせてもらうがわし平気のヘイザやで。

真弓は、まだちっさいからええけど、でもどうせ母ちゃんや水希みたくなるんやろな。
軽井沢夫人への道のり
連日登場の水希でございます。
これから昨日の日記の続きを書かねばなりませんね。

つうかさあ~
昨日あんなに書いたのにまだあるの~?
かったる~
別に誰もこんなブログ読んでないじゃんか~
お父さんの単なる自己満足なんじゃないの~(その通りです)

で、えっと?
どこから再開するんでしたっけ?
ああそうそう…


夕飯はマイブームになりそうなカツカレーか、お寿司にしよう迷いましたが、お店が近いという理由でお寿司にしました。
いつでもカレーを食べたいのは父娘ともども生まれつきのようです。

腹ペコ父娘で勇んで行ったお寿司屋さんは、またまた通行止めさながらの大渋滞で、芋を洗うように人でごった返しておりました。
店内に入りきれず、外で待ってる人もわんさかいました。

お店は、節電と梅雨の湿度と父の体臭で蒸し返しております。
生魚大丈夫なんか!?

「寿司また別の日にしようや」
と早くも諦めモードの父をシカトしてやり、私は気長にオセロで時間つぶしです。

出ました大人の都合!
ウチの食べたいもん食べろって言ったクセに。

整理券を引くと驚異の60番待ち!
それでも私は待つつもりです。

女はいつも待ちくたびれてと、父の好きな曲でもありました(松山千春)。

ところが希望席をテーブルでもカウンターでもOKとし、狭苦しい店内で待っていたことが功を奏しました。
カウンター席の方が回転率がよく、また順番が来て呼ばれても現れない方々も多く、あれよあれよと20分ほどして私たちは席へ案内してもらえました。

私たちよりも先に待っている人も多いのに。
まだオセロやってる最中なのにぃ~(ケータイ返せ)

父が好きな物を食べろと言ったので一皿に一貫の物を重点的に選び、デザートはチョコレートパフェにして大満足です。
てゆうかお父さんガリ食い過ぎ。

お店を出ると父が、
「今気付いたんやけどあの定員パフェ会計にカウントし忘れたんちゃうか?」
などと、本当に今気付いたのか眉唾もののセリフを私は聞き逃しませんでした。

さらにスーパーでヨーグルトを買って帰りました。
明日朝、おみやげのジャムと一緒に食べるのです。

本日ヨーグルト全品二割引だったのも、私が幸運の女神だからです。
1日を通して、ちょくちょくラッキーに出くわしていい日でした。

これで昨日の日記もおしまいです。
あ~疲れた~

絵日記は軽井沢の霧の道路かな。
だって真っ白な画用紙にほんのりテイルランプの赤を描けばいいだけだもん。

いや、もうこれ以上何も書かないけどね。
でもまた気が向いたら書くかもね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。