Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリカン星人。
20091104112720
頭を7月くらいに五厘刈りにしておよそ4ヶ月。
僕の髪の毛にコームが通るくらいになった。

坊主頭は楽。
セットの必要のないことだけでなく、白髪も抜け毛も目立たへん(男性にとって最重要)。

今くらい中途半端な長さになると、白髪の増えた鏡の向こうの己の姿に瞠目(あみぼうはまだ三十路)。
そしてシャンプー時の指にまとわりつく恐怖の抜け毛の量に戦慄(あみぼうはまだ三十路)。

いつもならとっくの父ちゃん(死語)に自慢のバリカンで頭を刈っているところ(バリカンによる現実逃避)。
それが未遂でいるにはわけがある。

某日の深夜(なぜか散髪はいつも深夜)、いつも通りバリカンを取り出し頭を刈ろうと試みた。
すると部品が一つ破損しとる。

まあなんとかなるやろ。
酔っ払っていた勢いが、己の行動を大胆にさせてスイッチオン!

「キュイーン!!」(バリカンの魂の叫び)

「ガリガリガリ!!」(髪の毛の魂の悲鳴)

「あ痛たたたたーーーー!!!!!」(あみぼうの魂の絶叫)

奇跡か念力か、バリカンは少しもみ上げを刈り上げたところで停止した。
意地でも頭を刈ったろうと頭中をはわせたのに(無謀)、ポンコツと化したバリカンはシュィ…ンシュィ…ンと髪の毛を刈ることができへんかった。

この役たたずめ(壊したのは自分自身)。

後から冷静に省みてみると、深夜に虎刈りになるよりはマシやと気づいた。
日本広しと言えど、24時間営業の床屋なんてないやろし。

そんな悲劇を経て、白髪と抜け毛におののき続ける今日このごろ。
スポンサーサイト
水希は水際立つ(語呂優先)。
20091101094622

日本のちびっ子たち(及び一部の大人)のハナ金(死語)は、テレビでドラえもん&クレヨンしんちゃんのフルコース。
我が家でも、お風呂もごはんも歯磨きまでも済ました姉妹はテレビに釘付け。

「まあ大人しくしているし平気やろ」と高をくくり、一杯だけの約束で嫁さんを引き連れ近所へ飲みに行った。
昼間幼稚園のお友達を集って『はろいんパーティー』を開き、夜勤明けのあみぼうは帰るお家がなく街でさまよう憂き目に。

したがって嫁さんにとってこの相伴は妻の務めとして至極当然のこと(ブログ内では亭主関白)。
20091101094621

クレヨンしんちゃんが終わる頃合いを見計らい帰宅すると、嫁さんのケータイに自宅の家電からの着信履歴が(携帯電話は携帯しよう)。
どうやら不審に思った水希が掛けたらしい。

ちゃっかりしたもんやと感心していると、「お母さん電話に出なかったからおばあちゃんにも電話した!」

両親が逐電したことをいぶかしみ、まずケータイへ電話し、つながらないと見るや如才なくおばあちゃんの自宅へ電話と、途方に暮れるどころか次の手を打つ非のうちどころのない対応。
感心を通り越して、娘2人取り残して飲みに行ったことを反省させられた。

水希自身はおみやげのなかったことに不満こそあれ、不安感は見せずにあっけらかんとしていた。
「お父さんとお母さんウチたち置いてどこ行ってたんだよぉ!」
「ごみ出しや!文句あるん!?」(開き直る父)


飲みに行ったという事実だけは最後まで言わへんかったけどね。
大人ってズルいね。
月のたもとで。
20091101094545
ゆうべのできごと。

水希と2人で共謀し、真弓さんと嫁さんを先に寝かしつけた。
そろそろと家を抜け出し、向かった先は銭湯。

親子で上下スウェットに雪駄(水希は運動靴)の銭湯スタイル。
赤い手ぬぐいマフラーにして。

水希は大張り切りでズンズン僕の前を歩く。
登山でくたびれてないんかな。

ところがあろうことか目的の銭湯がお休み。
「まあしゃあないな」と踵を帰さんとする父とは裏腹に、「他のお風呂屋さん行きたい」とめげない水希。

失望を転機にせんとするポジティブな諦めの悪さ。
お嬢さんそんなに銭湯に行きたいんか?

娘に促され、踏切を越えてもう一つ先の銭湯まで足を伸ばした。
シャワーも湯船も「アホちゃうか」ってくらい熱かったけど、水希はご満悦。

帰りに缶ビールとホットミルクティーを飲みながら歩いた。
お行儀悪いけど闇が目立たなくしてくれてたから許してね。
娘たちそれぞれ。
20091101094527
おととい雨天順延となった水希の幼稚園の登山の日。
集合場所の駅前まであみぼうがお見送り。

水希はぶかぶかのズボンを仕切りに上げ直す。
お着替えの時は「大丈夫っ!!」なんて言い張ったクセにこのあほんだら、登山をナメんなや。

途中おやつを買うためにコンビニへ立ち寄る。
イチゴ味・キャラメル味・ミルク味のチョコボール3個を選ぶ水希。
何なんそのセンス?

夜水希に登山の感想を聞く中で、お弁当はお好み焼きやったことが判明。
何なんそのセンス?

真弓さんは真弓さんで、なんと昼下がりの2時すぎまで寝ていたらしい。
数日前の嫁さんみたいなやっちゃな。
まあ静かでよかったんちゃうか。

朝あみぼうと水希が出かける時は、「お腹すいた」て泣いてたんやけどな。
関東の阪神顔、狩野君。
20091101094521
マリナーズの城島がタイガースに移籍するみたいやね。
どのチームでも即レギュラーをはれるくらいの無類の強肩強打の捕手で、タイガースにとっても最高の補強(になるハズ)、といえる。

他球団ながら城島は、僕も好きな選手の一人やった。
ギラギラした闘争心が魅力的やった。

せやけど…
せやけど…

今年矢野のいない中、捕手を務め、それなりに結果を出した狩野君があまりに不憫やで。
タイガース生え抜き&阪神顔の彼もまた、あみぼうのごひいきさんの一人やのに。

ハッキリ言うて城島と狩野君とでは格が違い過ぎる。
怪我でもせえへん限りキャッチャーは城島が起用され続けるやろうし、二番手には矢野が控えてる。

よしんば出番があるとしても、せいぜい代打か捨て試合か。
そう思わせるくらい城島の存在は大きい。

狩野君はまだまだ伸びしろのある選手やのに、このままやと飼い殺しってやつやで。
移籍でもすれば生きる道も見いだせるやろけど、あの面構えはどう見ても阪神顔やから(あみぼう基準)、できれば僕はタイガースの狩野君を応援していたい。

男の生きる道は、どうしてこうも険しいんや。
今一番痛感してるのは、他ならぬ狩野君自身やろうけど。
狩野君阪神顔





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。