Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛おしきゲラゲラ(と笑いましょう)。
水希は帰宅と同時にのび太君顔負けのスピードで眠りについた。
紛れもない時差ボケってヤツやね。
20090401140222

真弓さんのことをどう伝えるか今日一日腐心したことも骨折りやった。
子供なんてこんなもんや。
真弓さんは治療の甲斐もあり、そしてそれ以上に優しいお母さん(僕の出来すぎた細君)の献身的な看病のおかげで明日に退院が見込まれる。
せっかくしばらく僕と水希と2人で生活できるハズやったのに(4人揃ってあみぼう一家)。

そして悪いことはとことん重なるもんで、僕自身こんな日に限って会社でつるし上げを受けたけど、そんな個人的な都合はこの際排除せなアカン。
永遠のテーマ、会社員からお父さんへのメタモルフォーゼ。
あみぼうも来月ようやく三十路やもん、ガラスの靴シンデレラやねんで(H2O)。

嫁さんは今日も一日、点滴治療が効を奏して息を吹き返した真弓さんの付き添い。
どんなに労っても労いきれへん。
20090401140215

あっぴっぴっちゃん(嫁さんのHN)、真弓さんが退院したら腹いっぱいうまい飯喰わせてやるで!!(あみぼうの奥さんは人一倍食いしん坊)。

とりあえず退院の見込みはたったし、水希たちも無事帰国したし、じいさんのことも何とかなったし、夕飯のイカナゴのくぎ煮がおいしかったからまあええわ。
柄にもないポジティブシンキングってヤツです。
スポンサーサイト
エラいこっちゃ。
嘔吐下痢発熱脱水の四拍子で真弓さんはロタウイルスという感染症(何やソレ?)の診断を受け、入院を余儀なくされた。
ほら昨日あみぼうの言うた通りやったやろ!?(威張るな)
20090401140128病室でタウンワークを読む2歳児

願わくばゲロゲロした時に、『アンパンマンとやなせたかし展』に出会ったお友達に菌をバラまいてないことを祈る(でもきっとバラまいてる)。
20090401140120

幸か不幸か水希はばあさんと旅行中やからうつす心配はないけど、ちょくちょく一緒に寝てくれたじいさんへの感染が一抹の心配。
そしてそれ以上に嫁さんの負担が気にかかる。

真弓さんと一緒に病院に寝泊まりし、つきっきりで看病せなアカンねん。僕が入院した時はしてくれへんかったのに(大人げない)。
退院の見込みはまだ未定やけど、せいぜい2日~3日くらいやろう。
20090401140113

前にも水希が1歳半くらいのころ中耳炎で入院したことがあって、その時はここぞとばかりにタケちゃん呼んで焼き肉食べに行ったりしてたのに、嫁さんも大人になったんやね。

真弓さん自身もしんどいとは思うけど、病名がハッキリした今はもう治療に専念ししっかり治して帰って来い!っちゅうのが夫婦の一致した思惑。
じいさんのことや明日戻る水希(&一応ばあさんも)のことは、考えると難しくなるからまた後で考えることにして(いい加減)。

それとまた、真弓さんが退院して一段落ついた頃に、嫁さんが体調を崩すかもしれへん予感も、不思議なくらい夫婦間の心配が一致している。
ほれ、悪い予感はよう当たるやん(だから威張るな)。
愛おしきゲリゲリ。
20090401140021
昨日に引き続き食欲の失せるおはなし。
真弓さんはゲロゲロが治まったかと思ったら、今度はゲリゲリを始めた。
こらもうただ事やないね。

あいにく今日は日曜日やから、もう1日様子を見て明日病院へ行くことにしたけど、側杖を食うたのはじいさんで、せっかくのあみぼうのお休みにほとんどお構いしてあげられへんかった。
うちのじいさんは普段閉塞的な生活しているだけに、どこか連れて行ってあげたかった。
子供の面倒を見ることは憚りなく堂他人に言えるのに、家族の介護にはなぜか人に言うことに後ろめたさがある。

嫁さんの忍耐強さにもホトホト頭が下がる。
グズる真弓さんに気長に相手して、僕よりも若いのに大したもんや。

水希とばあさんのメリケンでの物見遊山は最後まで楽しんで欲しいから、真弓さんのことはまだ伝えへん。
というかメリケンへの連絡の取り方がわからへん(頼りなさすぎ)。

あみぼう個人的な見方は、これまでの仕事等の経験上真弓さんは何かタチの悪い感染症やと思うねん。
人間悪い予感はよう当たるねん(そしてその思考回路のことをネガティブと言う)。
愛おしき汚物。
あみぼう嫁さん真弓さんで日本橋三越の『アンパンマンとやなせたかし展』へ。
久しぶりのお出掛けにあみぼうはウキウキワクワクドキドキハラハラ。
昨日の蹉跌を乗り越えてやる。

館内では、アンパンマンシリーズだけやなく、やなせたかしさんのあまたの作品が展示されていて、大人でも充分楽しめる。
20090329200638腹の突き出た初代アンパンマン

客層は子連れ中心やったけど、喋喋喃喃としたアベック(死語)の姿もちらほら。
20090329200631ジャイ子?

ところが大好きなアンパンマンに会えたっちゅうのに、真弓さんの様子がおかしい。
しかめっ面に眼はうつろ、ヨチヨチあんよは扁平足。
そしていざアンパンマンと記念撮影の段階で、ものの見事に掟破りのゲロゲロ~
20090329200624

とっさの出来事に嫁さんはゲロゲロを諸手でキャッチ。
出るわ出るわで辺り一面真弓さんの香り漂う。

人類みな兄弟とはよう言うたもんで、周りのお母さんたちや係のお姉ちゃんは嫌な顔一つせず、ティッシュをくれたり医務室を案内してくれたり。
やっぱりうちの子がかわいいからやね(ノロケてる場合ちゃう)。
20090329200617

真弓さんのゲロゲロはとどまることを知らず、もうどうしょうもない、やむを得ずきびすを返して帰ることにした。
真弓さんは駅でも地下鉄でも嘔吐を繰り返し、ついにあみぼうまで諸手で受け止めるハメに。
僕のよそ行きのジャケットがー!!
昨日の蹉跌にクヨクヨしている場合ちゃうでホンマ。

同じ車両の方々はおろか、全人類みんなに申し訳なさでいっぱいで、ほうほうの体で帰宅した。
真弓さん、一体全体どしたんや……?
20090329200609

でも僕は逆境の中で一つ学んだ。
自分の子供のヘドなら、もらいゲロせえへん(多分ね)。
末期の水。
20090328220059
夜勤明け、会社で今までにないハプニングに見舞われた。
警察の取り調べも受けた(くれぐれも犯罪ちゃうで)。
こんな憂き目に合うくらいなら、いつもの慢性的な嫌気とはまた別の意味で、もうこの仕事やめたろうかとさえ脳裏によぎったけど、時が経って、このハプニングの対応が自分でよかったと思うようにしてる。

同様のハプニングが引き金でお仕事を続けられなくなった人も実際いたくらいやから、このお仕事していたらいつか遭遇するリスクとは常に背中合わせなわけやけど、でもできれば避けて通りたいっちゅうのが誰しも本音やと思う。

同じ場に鉢合わせた同僚からは、緊急の対応にあみぼうの手際のよさに舌を巻いたなんて言うてくれたけど、ホンマは僕だってメチャクチャ狼狽してたし、逆に同僚がいてくれたから平静を保てたフリできたんやで。

このお仕事していく上では、貴重な経験と前向きに捉えられるか自信ないけど、正直やっぱり堪えるわ。

夕方ようやく解放され、捨て鉢な気持ちで暴飲暴食した。
食べ物って癒やしやね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。