Little Happy
先の見えない将来におののきながらフリーターお父ちゃんしてます。
FC2カウンター



プロフィール

あみぼう

Author:あみぼう
わしはあみぼう34才、日本のお父さんの端くれです。
我が家のトトロの親子たち
妻:あっぴっぴっ(おたまとしゃもじと割烹着がよく似合う)
長女:水希(読書と水泳が好きな四年生)
次女:真弓(紫色の一年生)



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?でも『リレミト』って仲間全員に効果あるんやなかったっけ。
20080701221339
20080701221338
今年最大のヒラタを発見した。
おうち近辺でもかなりのサイズや。
でもあみぼうは飼育する趣味はないからすぐに逃がすけどね。

もう一つの画像は、ちょうど真弓さんが瞬間移動した瞬間。

数日前の『ハッスルダンス』に続き、『リレミト』までマスターしたみたい。
水希も呆然としている。

そう言われると我が家は真弓さんにとってはダンジョンみたいなもんや。
乳児なりにドロップアウトしたくなる日もあるねんね。

はい、今あみぼうはドラクエⅦをリトライしてます。
スポンサーサイト
ナマが一番。
20080701221303
西口投手4勝目。
ようやく白星が先行や。

今年はスタートからつまづいたけど、一番悪い時期がたまたま最初やっただけで、元来西口は夏場に強いはずやから、後半は期待しまくれるで。(去年も同じフレーズを書いた気が)
ポジティブシンキングってヤツですな。

一方我らが阪神タイガースは、JKがツルベ打ちに合い苦杯を舐めた。
今年はずっと横綱相撲を維持できているけど、どうも完全無欠のJFKで試合を落とすことが目立つ気がする。

むしろあみぼうが今年まだタイガース戦を見に行ってへんことのほうがエラいこっちゃ。
やっぱりブラウン管越しだけやアカンねんて。

野球観戦は足繁く野球場へ通ってナンボや。
よっしゃさっそく先輩誘ってみよか。
舌禍シリーズ。(やめれ)~呉下の阿蒙~
20080628172447
久しぶりに一番仲の良いF先輩とフロアが一緒になった。
業務中、2人の肉体で最も機敏に働いていたのは舌やった。

F「まったく!このポンコツ機械ほど人をバカにしているものはありませんぞ。拙者は常々具申しておりますが、コイツのせいで何度も煮え湯を飲まされたことか!!いつまでもこんな物を使わせて、ベンチはよっぽど現場を見てない証拠でござる。」
あ「ホンマですわ。うちのお偉いさんは、メーカーの口車に乗せられて、コイツ(機械)を導入したヤツはもう一度僕らと同じヒラから(自虐的)やり直すべきですわ。機械を使い易く改良するとかそんな生易しいことやあきまへん。この期に及んでもはや無用の長物、即刻廃止するべきです。」

F「挙げ句の果てにそのメーカーは倒産したなんて、あまりに荒唐無稽で臍で茶を沸かしてしまうでござる。(そばにいた)Sさんも、我々みたくなる前に、よそへ異動するなり出世するなり、あわよくば他のお仕事を見つけることをオススメしますぞ。」
あ「僕らなんて、イタズラに異動もなく、出世のチャンスもみすみす逃したりするから、心も腐ってこうして空しく吠えることしかできなくなるねんで。情けないでえ。」
S「ハハハ…」

こうして会社にネグられ続ける我々は、愚痴り合うことにより溜飲が下がるどころか、行き場のないフラストレーションを増長させて行く…
私の私の娘は~左利きっ。
20080628102050
右手でリハビリ用のハシで散々訓練した挙げ句、本来の利き手の左手でハシをマスターした長女水希(4)。
「いっぱい練習したからなんだよぉ」。
と誇らしげだが、どうせなら両手で使えるようになればよかったのに。

子供なんて大らか(いい加減)なもんで、ペンやスプーンならどちらの手でも使える、というか元々下手っぴやから技術力もどっこいどっこい。

僕なんて仕事中いつも右手で記録を書きながら左手で機械をいじくれるよう、常日頃鍛錬してるっちゅうのに。(無駄な努力)

ただ水希は、信じられへんことだがおうちの扉を開けられへん。
おうちは外からやと右手でノブをつかみ右側へ開く実にオーソドックスなタイプの扉やねんけど、水希はどうしても左手でノブをつかみ左側に開けようとしていつもガチャガチャ言わせるだけ。

器用なんだか不器用なんだか。
割れ鍋に綴じ蓋。
20080628102035
真弓さんが注射で午後嫁さんと市役所まで行くため、水希の幼稚園バスのお迎えは僕が担当。
見事な役割分担や。(そんな大したことやない)

小さなことから大きなことまでヤンマーディーゼル(死語)、そんな役割分担が大切である。

さだまさしも『関白宣言』でそんなこと言うてたが、あの曲はその割には自分の主張も多すぎやしないか。
「俺より先に、死んではいけない
例えばわずか1日でもいい、俺より先に逝ってはいけない」
いくら配偶者でも、さすがにそこまで指図される筋合いはない。

まあ我々夫婦は、そこまで高尚なこと相手に求めたりすることもないやろから、その点気楽でええわ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。